TOP > 【島根】純米 水澄みの郷720ml

カテゴリから探す

★ポイント不足分は追加決済可能!
★お手持ちのポイントが無くても
 購入可能。(保有ポイントが0で
 も各種決済方法で購入可能)
★商品の表示ポイントには消費税
 が含まれております。

買いやす.net KAERU OPEN ポイントでおトクにお買い物!
買いやす.net KAERU gooポイント使えます
地モール 地球のこだわり逸品
欲しいが集まる バラエティアイテム 電報を贈るなら インターネット電報

  • 酒類
商品コード:
TW00295

【島根】純米 水澄みの郷720ml

必要ポイント数:
2,100 Pt
米は島根で愛情込めて作られたこだわりの「五百万石」。

自然の恵みをそのままに、自家製米して、但馬杜氏が心をこめて仕込みました。

香り控えめですので料理との相性が幅広く、食中酒として「冷や」から「熱燗」と、いろいろ楽しめます。

■日本海酒造株式会社(島根県浜田市)
地元「石見(いわみ)」の人に愛されてきたこれまでの味を守りつつ、また新しいタイプの商品も開発されている。さらに、全ての造りに使用するお米の100%を自家精米している。

通常、『大吟醸酒』を造るには、50%になるまで精米するが、日本海酒造では40〜35%の高精米のお米を使用している。
一粒一粒のお米に時間を掛けて、丁寧な自社精米作業を徹底しているため、「全国新酒鑑評会」で何度も金賞を受賞している。


■内容
島根地酒 【純米】 水澄みの郷 720ml
アルコール分:15度
原材料名:米、米こうじ
精米歩合:65%
原料米:五百万石、ハナエチゼン
日本酒度:+3
酸度:1.7
飲み頃温度:ぬる燗、冷酒
年齢確認
酒類のご注文には、年齢制限があります。
20歳未満のご注文や飲酒は法律で禁止されています。
ご注文の際は、以下の項目を入力のうえ、
「カゴに入れる」ボタンを押してください。

生年月日【必須】
数量:

人と人との心をつなぐ酒造り 杜氏 岡田隆好(但馬流杜氏)

【島根】純米 水澄みの郷720ml

昭和12年4月23日、兵庫県美方郡温泉町の生まれ。
昭和31年11月、日本海酒造株式会社に入社。

上人、釜屋、屋、代司、頭と上がってゆき、昭和59年11月杜氏となる。50年以上勤める超ベテランの杜氏で製造の柱となっています。 
常日頃 から『酒造りとは机に向かう勉学とは違い、酒造りは現場での研ぎ澄まされた感覚が全てであり、その積み重ねの修練が知識となるのだ。』と言っています。

現在、杜氏以下6人の蔵人で寒い冬場に仕込む寒造りの手法での酒造りを日々励んでおります。

米は鑑評会出品酒用は兵庫県産山田錦に、それ以外は島根県産米に 拘り地元発信の酒造りをしています。

仕込み水は中国山脈の伏流水と蔵内の井戸水を使用。軟水の水質である為、非常に柔らかい口あたりの清酒を醸す事が出来 ます。

全国新酒鑑評会 金賞受賞通算21回 日本海酒造株式会社

独立行政法人酒類総合研究所(東広島)主催「全国新酒鑑評会」金賞受賞 昭和27年から、21回金賞受賞

(昭和27年、29年、31年、33年、36年、38年、44年、53年、56年、63年、 平成1年、2年、4年、6年、12年、13年、14年、17年、18年、19年、20年)

※全国新酒鑑評会とは、独立行政法人酒類総合研究所、国税庁の酒類鑑定官、都道府県醸造試験場の技術関係者などがき酒を行ない、香味の調和など品質内容について、規定項目を人間の五感をもって審査するほか、酸度や香気成分についての科学分析も行われる。

地元石見の人に愛されてきたこれまでの味を守りつ つ、また新しいタイプの商品も開発することで、お酒を楽しまれる様々な方にご支持、ご愛飲されるお酒造りを目指しております。

海は日本人の心のふるさとであり、その大いなる懐に抱かれて生まれた “人と人との心をつなぐ酒” を酒造りの理念としております。

【島根】純米 水澄みの郷720ml

日本海酒造の酒造り(自家精米⇒洗米)

【島根】純米 水澄みの郷720ml

■自家精米(せいまい)

日本海酒造での酒造りは、全ての造りに使用するお米の100%を自家精米しております。玄米は、タンパク質、脂肪、無機質などを多く含み、このままだとお酒の味や香り色に悪影響が出てきます。

そのため、玄米の外側を削り取る精米(せいまい)を行います。 この精米歩合によって、造られるお酒の種類も異なってきます。

通常、大吟醸酒を造るには、50%になるまで精米しますが、当社では40〜35%の高精米のお米を使用しております。

一粒一粒のお米を時間を掛けて、丁寧に精米作業を行っております。

また、精米後のお米はすぐにお酒造りに使用出来るわけではなく、精米作業によって減少したお米の水分を適度な水分に戻すため、1ヶ月くらいの期間袋にて保存し、酒造りに使用されます。

■洗米(せんまい)

第二の精米とも言われ、洗うこと、水分を吸わせること(吸水)が目的となります。

特に、大吟醸の造りとなりますと秒単位の洗米と秒単位の給水作業を必要とします。機械に頼ることの出来ない、人の手による作業と経験が必要となります。

もちろんの事ですが、この作業が行われるのは、寒い季節です。冷たい水を使った作業となります。

日本海酒造の酒造り(蒸米⇒麹(こうじ)造り)

【島根】純米 水澄みの郷720ml

■蒸し米

大きな釜に入れられたお米を、朝早くから蒸しに入ります。

蒸しあがったお米は、人の手により掘り起こされ次の工程へと進みます。力仕事です。

酒造りの季節、蔵元から朝早くに立ち上る湯気は季節の風物詩。またお酒好きには、酒造りの始まりを知らせるものとして、楽しみな風景となります。

■麹(こうじ)造り

1麹、2もと、3造りと言われるほど、麹造りはお酒造りに非常に重要な作業になります。

温度・湿度管理をした麹室に蒸しあがったお米を引き込み、麹菌をふり掛け、時間を掛けて麹を作ります。

麹室の温度は28度位と高く、その中での作業は暑さとの闘い。全工程およそ50時間。

麹をさわり、温度を確認する作業に神経を使います。

日本海酒造の酒造り(醪(もろみ)造り⇒上槽(じょうそう))

【島根】純米 水澄みの郷720ml

■醪(もろみ)造り

酵母菌を使用して出来上がる酒母に、麹、蒸し米を加え仕込みに入ります。

蒸し米は「添え(そえ)」、「仲(なか)」「留(とめ)」と3回に分けて加えます。

1回目の「添え」の翌日は「踊り(おどり)」と言い、酒母の増殖を待つ日として蒸し米は加えません。健全な酒母が育ってくれたと、踊って喜びを分かち合った由来よりこう呼ばれるようになったとの事。

酒母が元気よく働くよう、温度管理は大切です。その日の温度により細やかな温度管理を行います。

酵母の働きで湧き上がる泡を見つめながら、酒の出来上がりを待ちます。

■上槽(じょうそう)

醪(もろみ)を酒袋に入れ搾ります。この工程でお酒ができあがります。
醪を酒袋に入れる作業も人手、その酒袋をタンクにつるし、自然に滴るお酒を溜める方法(圧力を加えない)を袋搾りと呼んでいます。

搾りたてのこのときのお酒は、まだ炭酸を含み、ピリピリとした味わい。このお酒を貯蔵、熟成させることでおだやかな味わいのお酒となってゆきます。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

【配送について】

クール便(冷凍) はクール便(冷凍)で、クール便(冷蔵) はクール便(冷蔵)で、表記が無いものは常温便でのお届けとなります。

・海外へのお届けは承っておりません。お届け先は日本国内に限らせていただきます。

・商品によっては沖縄および島しょ地域へのお届けができない場合がございます。


【熨斗(のし)対応について】

熨斗 が付いている商品は熨斗(のし)対応が可能です。

・熨斗(のし)をご希望の場合は、「その他お問合せ」欄に、「のし希望」とご入力ください。

 〔記入例〕 のし希望 「御祝い」 「田中」

・外熨斗(のし)となります。

・商品によっては熨斗(のし)対応ができない場合がございます。

・第3水準以上の漢字や外字等は対応出来ない場合がございます。

年齢確認
酒類のご注文には、年齢制限があります。
20歳未満のご注文や飲酒は法律で禁止されています。
ご注文の際は、以下の項目を入力のうえ、
「カゴに入れる」ボタンを押してください。

生年月日【必須】
数量:
広告25-25